不動産屋

賃貸生活は費用を抑えてスタート|ゼロ円から始める

好評の物件

女の人

なぜ敷金礼金0が存在するのか

敷金礼金0の賃貸物件をよく見かけます。敷金礼金0というとなんだか得した気分になるのではないでしょうか。ですが、敷金や礼金にはそれぞれ役割があります。なぜ敷金礼金0にするのでしょうか。そしてなぜ敷金礼金0が可能なのでしょうか。まず、敷金礼金0の賃貸物件が現れたのは、賃貸物件の空室が増えたからです。賃貸物件のオーナーとしては空室が出ることを嫌がります。家賃収入が減るからですね。そこで、少しでも借主が自己の賃貸物件を選んでくれるように敷金礼金を0にして入居の敷居を低くするのです。また、敷金礼金0の分をどこで埋め合わせをするかというと、退去時にハウスクリーニング代を多めにとることや、途中解約の違約金を多めにとるなどで埋め合わせをしています。

その問題点について知っておこう

このように、賃貸契約の段階で工夫することで敷金礼金0が実現しています。敷金礼金0のメリットは、初期費用が安いことは当然ですが、マンスリーマンションやウィークリーマンションの場合だと、すでに備え付けの家具や電化製品があるなど、わざわざ家具や電化製品を持ち込まなくても良いため引越しの手間や時間が少なくて済みます。その反面デメリットがあることも知っておきましょう。まず、原状回復義務に伴うハウスクリーニング代が普通の賃貸物件に比べると高く請求されてしまうことです。これに関しては、敷金礼金0物件を借りる前に調べておくか不動産会社の担当の人に聞いておいたほうがよいでしょう。また、入居の敷居を低くした事で住人の質が低くなるという問題があります。

初期の費用

アパート

物件を借りる際には、初期費用を支払うのが一般的です。初期費用の内訳としては、敷金と礼金、家賃の前払い金並びに仲介手数料といった費用が必要となるケースが多くなっています。

もっと見る

気をつけよう

マンション

コストで困っている際には敷金礼金0円の物件を狙ってみるのも良いかもしれません。最近ではこうした物件が増えています。しかし、退去をする時に費用が高くなる可能性もあるので要注意です。

もっと見る

確保を狙う

契約

近頃、賃貸物件が空き家の状態になっていることが多く、借り手が見つからない状態が続くことをなんとか逃れるために、多くの家主が自分の所有する物件を敷金礼金0にして借り手確保を狙っています。

もっと見る